そもそも心療内科とは何か

医療機関について調べたり、実際に関わった経験のある方なら、一度は心療内科という言葉を見聞きしたことがあるはずです。しかしこの診療科目が何を診察し、どんなことを治療してもらえるのか、具体的に説明できる方はあまりいないのではないでしょうか。少し難しく説明すると、心療内科では心理的要因に由来する身体症状、いわゆる心身症を主に診察し治療を行います。

この点、一見して同じように思われる精神科では、うつ病や統合失調症といった、精神病圏の病の診察および治療を主な目的としており、この専門領域で心療内科とは一線を画します。とはいえ、両者ともほぼ同じ診察基準や治療方法を用いる上、医療機関や医師によっては、対象とする症状の多くが重複しているケースも珍しくありません。

診察を受けるならクリニック?それとも総合病院?

心療内科のタイプを大まかに分けると、小規模な専門クリニックのケースと、大規模な総合病院内にある一診療科目として開設されているケースに分類できます。どちらも基本的な診察対象や治療法は大きく異なることはありません。ただし細かく見れば、その医療機関や所属医師が得意とする分野、診察する施設の環境、さらに通院のしやすい立地条件等、医療機関ごとに異なる特徴があるのも事実です。したがって受診を希望する前に複数の医療機関をよくチェックし、それぞれを比較しながら選ぶことが大切です。

例えば他人の目が気になるのであれば、小規模で予約制のあるクリニックを選んでみるのもよいでしょう。あるいは心だけでなく身体の異常も直ぐに診察して欲しいなら、心療内科以外の診療科目が幾つもあり科目間の連携に優れた総合病院を選ぶなど、自分の症状に合った探し方をするのが望ましいと言えます。

岡山の心療内科では経験豊富な医師による高度な専門治療と、カウンセラーによる落ち着いた雰囲気の中での丁寧なカウンセリングが行われています。一人ひとりに合わせた最善の治療を受けることができます。