心療内科と精神科の違いとは?

心療内科はメンタルの不調によって引き起こされる、身体の問題を解消するための治療を行っているところです。ストレスで胃が痛んだり、疲れが取れないといった症状に対処します。同じメンタルに関する治療を扱うところとして精神科が挙げられますが、厳密には心療内科とは分野が異なります。心療内科はメンタル面が原因だとしても、あくまでも身体の不調を解消する目的での治療を行います。それに対して精神科は、メンタルそのものを治療します。気分がすぐれなかったり幻覚や幻聴が現れるといったものが精神科に通うべき症状の例です。

症状がはっきりしている場合は、心療内科と精神科のどちらで診療を受けるかの判断は比較的容易です。しかし専門家でないと判断が難しい場合ももちろんあります。そんな時は心療内科と精神科を併設しているところで受診をすると良いです。医師の判断でどのような治療を受けるべきなのかを決定してくれる上に、必要であれば両方を連携させて治療を進めていくこともできるでしょう。

心療内科で進める治療の内容

心療内科で行う治療は、薬物を使用したり身体に不調を引き起こしているメンタル面の原因を取り除くための療法を用いるのが一般的です。心と身体のどちらも治療の対象になります。眠れないのであれば睡眠薬が処方され、うつの症状がある場合は抗うつ剤が用いられるなど具体的な症状によって異なります。心理面での問題が大きい場合は、カウンセリングを中心に進めていく場合もあります。

心療内科を新宿にすると、評判の良い病院が多いので、うつ病が長期間経って治らなくても、絶望することなく希望を持って治療できます。