規定量までなら同じ金額で処分してもらえるプラン

不用品回収業者によっては、規定量までならいくらでも処分できる代わりに、料金を一定に設定しているプランを導入しているところがあります。例えば2トントラックに乗る量までならいくら処分しても5万円などです。こういったプランの場合、少量でも大量でも同一の料金になるので、少量しか不用品を処分しない場合には割高になってしまいます。しかし、量が多い場合にはお得になるように設定されていることが多いので、処分する量が多い人は利用してみてはいかがでしょうか。

処分する量が少ない人は自治体を利用するのがおすすめ

処分したい物があるけれど、量が少ないという人もいるでしょう。そんなときには民間の業者を利用するよりも、地方自治体が定めている方法で、粗大ゴミとして出すのがおすすめです。その理由は民間の業者を利用するよりも、安く不用品の処分ができるからです。ただ注意しなければいけない点もあります。例えばマンションで2階以上に住んでいる場合、1階の所定された場所まで自分で粗大ゴミを運ばなければいけません。力が弱い人や体が不自由な人、1人で運ぶのが難しい物などを処分したいのであれば、自分の部屋まで取りに来てくれる民間業者がよいでしょう。パソコンなど地方自治体では処分できない物も存在しています。地方自治体が処分してくれない粗大ゴミがある場合も、民間業者を使うようになります。民間業者を使う場合には、不用品を処分するのにいくらかかるのか必ず確かめておき、複数の業者を比較して決めると安いところを選びやすくなるでしょう。

不用品回収を埼玉の業者で探そうとした場合、その料金の相場は軽トラックでの回収では8千円から1万5千円、2トントラックを使用した場合は、4万円以内の価格帯です。